やっと目を覚ましたかい

祝!剣闘獣アニメで大活躍!!(※今更)

 

 ってことでアニメ登場を記念して(あと新規カード化を期待して)剣闘獣記事です。

 内容は「アニメでなんか(古くて)見たことないテーマ出てきたけど知らんねん」って方向けなので既に知ってるよって方にはあんまりプラス情報無いかも。

 

◇基本編◇

・共通効果

 戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にデッキに戻す事で、別名の剣闘獣をデッキから特殊召喚する効果と、

剣闘獣の効果で特殊召喚に成功した場合に発動する効果をメインデッキに入るほとんどのモンスターが持っています。

 

 以上を繰り返し、デッキから出てきたときの効果でアドを稼ぐのが剣闘獣の基本戦術です。

 剣闘獣の効果を通しつつ戦うためには①バトルを行う、②リクルート効果を無効化されないという2つのハードルが必要となります。

 そのため、戦闘を補助するカードが通常のデッキ以上に重要視されやすいのが剣闘獣の特徴となります。

 

融合召喚

 融合次元のキャラが使用していた通り、剣闘獣は融合カテゴリ(迫真)です。

 素材をデッキに戻すエセコンタクト融合を行うことで融合体を特殊召喚が可能となります。

 融合体にはリクルート効果を持つもの、持たないものが存在し、とりわけリクルート効果を持たない融合体は後続が途切れてしまう性質上、特殊召喚するタイミングを見極めることが重要となります。

 

・サポートカード

 虎と戦車

 

 

 

◇愉快な仲間たち◇

 

・レベル4

〇ラクエル

 固有効果で打点が2100になります。アドの取りづらい効果ですが、素の打点が1800と下級の中で戦闘を任せやすい数値を持っているため、ピン挿しで機能させやすい下級の中でも複数枚積まれることが多いカードです。

 特に出したい奴がいない場合にとりあえずビール頼む感覚で出されたりもします。ヘラクレイノスの素材でもあるため必須。

 

〇ベストロウリィ

 固有効果はフィールド上の魔法・罠を一枚破壊する効果です。通称「苺」。

 単純にアドを稼げる効果であることに加えてガイザレスの融合素材でもあり、こちらも複数枚採用されやすい剣闘獣です。ちなみに破壊効果は強制なので自分の場にしか魔法罠が無い時にデッキから出すとえらいことになります。

 スモークタン並みに安心と信頼のお供です。

 

〇ダリウス

 固有効果で剣闘獣を効果無効にして特殊召喚します。ガイザレスを成立させたりランク4のエクシーズ召喚に向かったりするときに重要なカードとなります。

 

〇エクイテ

 墓地の剣闘獣カードをサルベージします。専用サポートカードの「剣闘獣の戦車」を使いまわすのが主な狙いとなります。見た目は獣戦士族っぽいのに羽が生えてたからと鳥獣族にしてもらえたので、苺ともどもゴットバードアタックの素材になれます。

 

ラニスタ

 特殊召喚成功時、墓地の剣闘獣を除外して名前をパクります。こいつも鳥です。

 効果はぱっとしないしガイザレス出すためにベストロ除外するのどうなん、みたいなところはありますが、ラクエルと同じスタート1800打点であり、しかもゴッドバードアタックで食えるので鳥剣ではよく見ます。

 

〇ディカエリィ

 固有効果を持っている状態だと二回殴れる1600打点です。アレクサンデルを特殊召喚するためにはこのカードが起点である必要がありますがどっちもあまり使われません。一枚で3200まで打点を出せて2面解決できるのはそれなりのセールスにはなるので環境とか見たいデッキとか戦術に応じて採用することになりますね。

 

〇ホプロムス

 固有効果で守備力が2400になります。素は2100です。

素の守備力が高く、下級の攻撃を受け止めて後続にアクセスできるのがセールスポイントで、かつては1900打点を受け止められることが評価されていましたが、

現環境だといくらでも大型モンスターが殴りかかってくる上に戦闘サポートを併用するならわざわざこいつで耐え!とか言う必要もあんまりないので使い勝手に難があります。

 ただしコイツは獣でも鳥でもなく岩石族だという謎の特徴を持っているため、岩投げエリア型の岩剣という特殊な構築ではキーパーツとなります。動きもなかなか面白いので組んでみても良いかもしれません。あ、スパルティクス出せます。

 

セクト

 固有効果を持っている状態で戦闘を生き残ると、バトルフェイズ終了時にデッキに戻らず追加で2体の剣闘獣を呼び出します。

 打点が400しかなく効果発動タイミングも遅いし補助必須なので通常の構築ではお目にかかれませんが、できること自体は強いのでこれに特化したデッキで軸になります。

 

〇アンダル

 バニラ。兎や予想GUYで呼び出せることを利用して使用されます。

 皮肉なことに一部の効果持ちより使いやすいです。

 

〇ティゲル

 海外からやってきた、共通効果無い上に余計な事は書いてる親戚。

 

・レベル3

〇ムルミロ

 固有効果でモンスターを一体破壊します。

 戦闘で突破困難なヤツを倒しアドを稼げるため、レベル3剣闘獣の中ではかなり扱いやすい部類となります。が、いかんせんレベル3勢の例にもれず打点が低いため素引きすると処理に困る難点があります。相手の場に対象になるモンスターいないのに出すことはまず無いので気にすることは滅多に無いと思いますが、強制効果です。

 

〇レティアリィ

 固有効果で墓地のカードを1枚除外できます。メタカードとしてはそれなりに有用ですが盤面に干渉できず確実に刺さるかは不明確であり、除外枚数も少ないためスロットを割くかどうかは考える必要がありますが、候補として覚えておいて損はないカードです。

 


〇サムニテ
 エアーマンやシャドーミストが羨ましくなる、遅いサーチ効果。
 戦車も持ってこれるけど効果が通る気があまりしない。

 レスキューキャット対応だったのが最強のセールスポイントだった。

 

〇トラケス

 親戚の一人。

 

・レベル5以上

〇アレクサンデル

 魔法の効果を受けなくなる2400打点。ディカエリィからしか出せない。

 大型なのでレベル3以上に手札から処理しづらく、特殊召喚制限も相まって安定性に欠ける、そもそもディカエリィが扱いにくいという理由でほとんど採用されないカード。魔法の効果を受けない効果も、自分の聖槍で補助できませんという諸刃の剣。

 

〇スパルティクス

 固有効果は「闘器」という装備魔法のサーチ。

 大型なので以下略、ホプロムスからしか出ない、サーチ先の「闘器」も通常の構築で使われない、という有様。闘器を軸にした型であればワンチャンあるかもしれない。

 

〇アウグストル

 固有効果は手札から剣闘獣を特殊召喚する効果。比較的最近(2014年)出たカード。2600打点を持ち、しかもどの下級からも呼び出せ、鳥であるという上二人とは異次元のスペックを持っています。手札から出した剣闘獣は効果が有効となるため、引いてしまったムルミロを処理しつつ除去効果を使ったり、同名を出してランク8にしたりといった動きもできます。

 が、大型ゆえ事故要因になりやすい点は変わらず、そこそこ性能は優秀だけど使いにくく、採用がためらわれるという立ち位置。手札の剣闘獣を有効に処理する手段があればもっと使われるようになりそうなのですが、サポートカードに恵まれてないといった印象ですね。

 アニメでは新規の「アンダバタエ」の素材として指定されていたのですが、果たして。

 

〇オクタビウス

 セットされている魔法罠を割る効果を持っています。

 が、後続につなげる効果を持たず、維持コストまで要求する有様で、打点もアウグストルに負けているという不遇なカード。出た時期が違うからね…。

 

・融合モンスター

〇ガイザレス

 特殊召喚成功時にフィールド上のカードを2枚まで破壊できるすごい鳥。

 戦闘終了後に2体まで剣闘獣をリクルートできるため後続確保も怠らない、剣闘獣のエースモンスターです。アニメでも大暴れ。

 このカードの除去と戦闘でアド差をつけてからラクエルとダリウスを特殊召喚し、蘇生した剣闘獣とあわせてヘラクレイノスやランク4のエクシーズ召喚を行うといったように、このカード1枚から連鎖的にアドを稼げるためこのカードをいかに生かせるかが構築の肝となります。

 

〇ヘラクレイノス

 手札を一枚捨てることで、魔法罠を無効にできる置物。

 分離する効果は持っていませんが、見ての通りの制圧カードなのでそれほど問題にはなりません。モンスター効果をカウンターする戦車との相性も良いです。

 が、手札コストを要する上に特殊召喚するため三体ものモンスターを消費するため突破されるとジリ貧になりやすく、勝負を決めに行く盤面以外では出しにくいカードでもあります。

 強力な切り札であるには違いないので、ここぞという場面で特殊召喚したいカードですね。

 

〇ゲオルディアス

 戦闘破壊したモンスターの守備力分のバーンを放ちます。

 滅多に使われないスパルティクスが素材なのでレインボーフィッシュより目にする機会が少ないレアな恐竜です。

 

〇エセダリ

 素材縛りが無い代わりに効果もない打点2500です。

 後続が切れてしまうため、現状ほとんどの場合こいつを積極的に狙うよりはランク4を出したほうが強いです。ただ、剣闘獣をいつでもデッキに戻せる点でムルミロなどの処理に役立つ場面もあるため状況によっては使われうるカードではあります。

 アニメ新規の「エーディトル(めちゃ強い)」がカード化された場合、素材縛りの関係で使う機会がひょっとしたらあるかもしれないです。

 

〇ネロキウス

 縛りなし素材3体2800打点。

 戦闘破壊耐性、攻撃時に魔法罠モンスターの効果を発動させない効果、2体に分離する効果を持っています。

 安全に2800打点で戦闘をこなしつつ、頭数は減るとはいえ後続も呼び出せるとそこそこ優秀な効果を持っており、海外から来た人の中ではエリートです。ダリウス経由で作るならモンスターの数は減らず、固有の役割も持たせやすいためエクストラの枠があれば採用に値するモンスターだと思います。

 

・その他サポートモンスター

〇スレイブタイガー

 自分の場に剣闘獣がいれば特殊召喚でき、自身をリリースすることで剣闘獣を効果有効で入れ替えることができる優秀な虎。

 アラ剣の軸であり、プリズマーと2枚でガイザレスを作ることができます。

 効果を使わずランク3のエクシーズ召喚を狙ったりもでき、動きの幅は広いため採用価値はかなり高めです。

 

〇スレイブエイプ

 虎を見習ってほしい猿。リクルーターですがこいつが剣闘獣ではないため出てきたモンスターが効果を使えないという欠陥があります。

 

 

 

長かった;

以上が剣闘獣に関連するモンスターの紹介でした。

魔法罠、その他の部分については気が向いたらまた記事にしようと思います。

ではでは。