雨雨降れ降れ

天気続編です。発売から時間たって構築結構変わって来たからね。

 

f:id:reiro94:20170816220344j:plain

 

 

変更点

●壊獣の採用

●醒めない悪夢の採用

●オーロラ減らした

プランター抜いた

●威嚇抜いた

 

モンスターの比率は結構気に入ってるからほぼいじってない。

 

 

変更理由

①壊獣の採用について

 相性の良いカードとして前回記事↓には挙げてました。

 やはり雷模様との相性が非常に良く、厄介な耐性持ちや置物、手札に戻したくないモンスターを処理するのに雑に使えて強く、あと妨げから打点を確保できるのが大事で使用感は文句なし。

 ガダーラの部分は適当に近くにあった奴使ったけどジズキエルとかサンダーザキングとか打点の高い奴の方が良いと思う。ガメシエルは相手に送ってもシエルの横を突破できないから確定枠。

 

②醒めない悪夢について

 (コズミック)サイクロンとかでも良いんだけどとりあえずメインに入れて強そうな罠を模索中でその案の一つ。

 六武衆やPテーマみたいなデッキを一枚で見れるのが良い。相手の醒めない悪夢に対して(一枚は割られるけど)後撃ちでチェーンさせずに割れるので一応自分の詰まされ防止にもなるかなぁというところ。

 ただ、わりと天気って死なない限りは「ライフで受けるゼ!」という場面が多くライフがゴリゴリ減っていくのでそこがちょっと微妙に感じた。相手の悪夢見るならサイクロン系で良いわけだしね。使った感じはボチボチ。

 

③オーロラ減った

 枚数調整です。

 使いどころが限られるし、コストになってたプランターも抜けたし必要な相手にはいつでも持ってこれるし複数使うメリットがあんまり無くなったので。

 

プランター抜いた

 初手で持ってると腐る場面がそこそこ。中盤で引ければいいんだけど、シエルからは雪経由で雨や雷構えたり後続持ってきたりしたいから初手からこいつのコスト準備してドローっていうのをやりたい場面があんまり無かった。

 弱いって程じゃないので候補としては依然アリだけど枠がかさばってる限り優先するカードじゃないかなって印象です。

 

⑤威嚇抜いた

 良い罠あったら抜くって言ってたし…ね?

 こいつに救われた試合もあるけどこれで耐えても盤面どーにもできない状況になってしまってたら意味ないんですよね。

 

 

問題点

①守りが薄い

 雪模様っていう10期パワーのエンジンのおかげで一度アド差が付き始めるとそのあとは開く一方にできるんですが、そこに至るまで時間がかかる上にテーマ内のカードでは妨害の質がちょっと足りない。

 例えば雨模様はフリチェの魔法罠バウンスですが、ドラゴニックDみたいなターン1制限が書いてないカードは飛ばしても意味がないので結局通ってしまう。

 モンスター除去も雷模様のバウンスだけなので戦闘に入る前にモンスターをどけられては意味がない。アルコンに裏にされてもダメ。

 バリアやPSYフレームや誘発、その他なんとか自分のペースに持っていくまで時間を稼ぐ手段が必要です。

 

②実は特定の永続札に弱い。

 具体的には醒めない悪夢と虚無空間。

 雨模様の効果でバウンスすれば良かろうと思われがちですが、モンスターが除外されて消えてから戻ってくるまでにはラグがあります。

 盤面が空のときにこれらを打ち込まれると、盤面の天気模様が全部消し飛んだり、除外されている天気が返ってこなくなったりします。これはアカン。

 なのでエンドフェイズに天気が残っている場合、伏せを警戒して雪サーチではなく雨バウンスをあえて優先させたり、あるいは使わずに一面残しておいたり、永続札をチェーンして破壊できるサイク系、醒めない悪夢等の採用を考えることになります。

 少なくともサイドには対処手段入れておくのは必須かと。

 環境的に今は見ないけど王宮の鉄壁もたぶんちょっとまずい。

 

③拮抗勝負が直撃する

 こればかりは有効な対策がなかなか思いつきません。

 ライフ取る速度遅いので自分・相手ターン問わず撃ち込まれポイント作られやすい上にこの一撃が決定打になる事も少なくないと思うし、除外メタでの対策は自分にもぶっ刺さります。

  万が一打たれても、そのターンは(バトルフェイズ終わってるから)死ぬことはないので、雪の効果で積極的に飛んで逃がす(サーチは一枚しかできないけどチェーン組んで複数飛ばすことはできます)、手札にある程度天気リソースは抱えておく(むやみに置かない)といった方法で被害を減らすようにしましょ……。

 幸いメインデッキから拮抗勝負を入れているデッキはかなり限られるので、二本目以降、自分が先行の場合に盤面に出すカードをいくらか厳選しながら戦うことである程度のケアは可能です。

 

 

今回はこのくらいで。